デザイナーズ賃貸物件を探している方必見!物件の特徴を知ろう|Personal Rent

デザイナーズマンションは使い勝手が良い?悪い?

オシャレなイメージのあるデザイナーズマンションですが、デザイン性は高いけど実用性はどうなの?と疑問に思っている方のために、実際に住んでいる人の感想をまとめてみたので、デザイナーズマンションの住み心地など知っておきたい方は頭に入れておくと良いですよ。

住み心地ってどうなの?デザイナーズマンションの口コミ!

家に帰ってくるのが楽しみに

デザイナーズマンションに住んで2ヶ月経ちますが、毎日家に帰ってくるのが楽しみです。友人も良く呼ぶようになりました。空間が広々としていて気持ち良いですね。

実用性とデザイン性を重視

デザイン性が高いイメージがあったんですが、実用性も兼ね備えている間取りを選びました。モダンでオシャレで階層も高いので見晴らしも満足です。

木材のデザイナーズマンション

デザイナーズマンションってコンクリート打ちっぱなしのイメージでした(笑)調べてみると、内装が木造の部屋もあって住むことにしました。小さい子もいるので広く空間が使えるのでいいなと感じています。

どのような特徴があるか

マンション

デザイナーズ住宅を賃貸で借りる場合には、その特徴を事前に知っておく必要がありますが、まず一つは水回りを理解しておくべきです。水回りは、ほかの部分に比べるとデザインを高めやすく、非常に魅力的なものに仕上げることも可能です。水回りのデザインをどのようにするかは設計者によって異なりますが、比較的いじりやすいのがユニットバスになります。通常はユニットバスと洗面所が壁で仕切られていますが、デザイナーズ住宅の場合には、アクリル板で仕切られており中が丸見えのことが少なくありません。なぜわざわざ透明なアクリル板で仕切るかといえば、少しでも広く見せたいこととホテルライクにすることで日常を忘れさせる仕組みを演出したいからです。このようなちょっとした仕組みを持つことにより、デザイナーズ住宅の魅力を引き出しているといえるでしょう。

実用性に気をつける

デザイナーズ住宅は、形がほかの住宅と違って魅力的ですが、その反面実用性が伴っていない可能性があります。実用性が伴っていない場合には生活に支障をきたす可能性が出てくるでしょう。たとえば賃貸住宅でも2階建てのものなどをデザインすることがありますが、階段がらせん状のものなのなどがあります。デザインを重視する一方で、有効面積が少なくなってしまっている可能性が高いわけです。その点をどこまで許容できるかが重要になります。

家賃が高くなりがち

デザイナーズ住宅は、普通の住宅に比べて設計が特徴的ですが、水回りなどは特に一般的な住宅と違うデザインになっていることが多いです。そのため、そこに住む人の満足度を高めてくれる可能性があるでしょう。ただその一方で、気をつけなければならないこともあります。例えば、名のあるデザイナーに建築してもらった住宅の場合、賃料が高めに設定されていることが少なくありません。賃料と住み心地の兼ね合いを考えた上で、契約を結ぶように心がけましょう。もちろん、リーズナブルな値段のデザイナーズ賃貸物件もあるので、よくよく比較することが大切です。

広告募集中